先週(金)の放課後、せいちゃんが情緒学級の教室で
帰りの支度をしていたら、1年生の男の子に例の先生が怒ってる
感じではなく普通に「うるさいよ」と注意したらその子がいきなりキレて
「うるさいって言う先生の方がうるさいよ!死ね!!」と
言ったらしく、その言葉に先生がキレて
「担任の先生に向かって、死ねはねえだろ!」と言って
それに対してその子も言い返して、大きな声で言い争いをしたそうです。
中学生の男子のけんかじゃないんだから
最初にキレたのは大目に見たとしても口論になるのはおかしいと
思いませんか?4月の懇談会の時に私が
「大きな声で怒鳴るように叱るのはやめて下さい。怒鳴るように叱ると
恐怖で何で叱られるのかわからなくなる子もいるので、落ち着いて
言い聞かせるように注意して下さい。そして、できれば、どうしたらいいか
改善策のようなものも教えて下さると助かります。」と言っておいたのに!!
反抗期で衝動性の強い子は大きな声で感情的に叱ると逆ギレして
逆効果なのに、去年不登校になってしまった子と同じことをしてるんです。
反省してないのか、先生自体がカーっとなってしまったら、
感情のコントロールができないのか、でもだとしたら、
支援級の先生に向いてないですよね。
自閉症スペクトラム支援士の先生に相談したら、
「先生の資質の問題ですね。」とあきれ気味に言われました。
「懇談会でもう一度叱り方についてお願いすべきですね。」と言われました。
「死ね!」って言ってしまった子のママに話を聞くと、その日の夕方、学校に
呼び出され先生とお話ししたそうです。「でも、何かこの先生、違うって
思うところがあって、担任を変えてほしい、校長先生に話しに行こうと
思います。」と言っていました。
1学期から交流学級でのトラブルがいろいろあって、
悩んでたようで、その子も相当ストレスが溜まっているようで
「心療内科を受診しようと思います。」と言っていました。
”心療内科受診って昨年度の被害者の子のママが言ってたぞ”と
嫌な予感がしてきました。その子が第3の被害者にならないように、
お母さんも頑張って校長先生と話して下さい。
私達3年生のママは受験に集中したいし、相談には乗るけど、
困っていないので、困っているママががんばって訴えるべきだし、
ヤキモキして動いても空回りばかりじゃバカみたいなので、
相談には乗るけど、校長先生に直接交渉等はしないことにしました。
でも、よく言えば、世話好き、悪く言えばお節介な私の性格、
黙っていられず、介助員不足の件も含めて、以前から相談に乗って
いただいている元支援級の教師で現在市議会議員をさえている方に
相談しました。今日の午前中に教育委員会にお話に行って下さる
そうです。このままでは、子供達がかわいそうですもの。
今日の懇談会では、私がその先生と口論にならにいように
落ちついて、下手に出て、文句を言ってる感じではなく、
お願いするような言い方でお話してみようと思います。

久しぶりの更新です。2学期に入ってからせいちゃんが
体調を崩したり、10/18にあった合唱コンクールに向けての
練習で、朝練、放課後練、と体調不良もあり思うように練習に
参加できないこと等いろいろあって、せいちゃんにとって不安な
日々が続きましたせいちゃんがきつそうだと私も悩んで
しまい、なかなかに向かう気になれませんでした。
いろいろあったことの詳細は、また時系列に従って記事にしますが、
今日は、あの例の支援級の先生がまたやらかしちゃったお話です。
このブログを前から読んで下さっている方は、わかると思いますが、
昨年度3人の保護者から校長先生に苦情が出てそのうちの2人は
市の教育委員会はもちろん、県教育委員会まで苦情を言ったという
問題の先生が今年度せいちゃんの担任になりました。
3月に保護者4人で前任の校長先生と話し合いましたが、
その先生が校長先生に反省して1からやり直すから
支援級の先生を続けさせてほしいと泣いて嘆願したそうです。
そこまで言うなら、来年度の学級運営をどうしていくか
文書で書いて校長先生に出しなさいと言って書かせたそうです。
3月末にそれを4人の保護者が見せられて、
「このように頑張ると言っているので、4月からこの先生が情緒の担任に
なります。」と無理矢理納得させられた感じで、今年度がスタートしました。
私は、その先生のひどさを散々聞かされていたので、
最初から当てにならないと思って交流学級の担任の先生との連絡帳を
勝手に作りました。本来そういうものはなく、2年生までは何かあれば
生活ノートの余白に伝えたいことを書いていました。
そこには、「支援級の担任は、当てにならないところがあって、
先生もお忙しくてお話しする時間もなかなかとれないと思うので、
よろしければこの連絡帳でやりとりしたいと思います。」と書きました。
支援級の担任には、その都度、「こうしていただけると助かります。
こんな声かけをしていただけるとうまくいくと思います。」という感じで
お願いして今まで当たり前にできていたことが全然わかっていなかったり
したので、1から説明したりして何とかやってきました。
反省して頑張っているなと思うこともあってよかったと思っていた矢先、
全く反省していなかったもしくは、性格の問題か、根本が
わかっていないのかと思わせる出来事が起こりました
長くなってしまったので、続きは次の記事で・・・。

7月に久留米のハッピーママくらぶの方との新しい出逢いがあり、
改めて、陽だまりの活動を通して自分がやりたいことを
考えました。私がしたいのは、障がい児のママの癒やしの場づくり、
いちばん悩める時期のママをまだ救えていない気がします。
いちばん悩める時期、それぞれに違うかもしれないけど、
まずは、診断がついて障害を告知された時、受け入れるのに
時間がかかる方も多いです。
ママがなかなか受け入れられずに、普通学級でストレスを
抱えながら頑張っている子が多いのも現実です。
障害受容の時期に理解ある共感者に出会えたら
ママの心も随分楽になると思うんです。
お子さんが未就学のうちは預け先がなくて
陽だまりカフェに参加できない方も多くて、
託児ができれば、ママも安心して障がい児のママトークに
参加できるんだけど、障がい児の託児って難しいんですよ。
発達障害っていっても様々な特性があって、
対応の仕方もそれぞれ違ってきますし、
医療行為があったり、発作があると責任問題にも
なりかねないし、パニックや他害があると他の子への
影響もあるので、なかなか託児を頼むのが難しい。
でも、いちばんママ同士の交流を求めているのは、
お子さんが2~5歳くらいの障害受容時期のママだと
思うんですよね。ネットで知り合った方も陽だまりカフェに
参加したいけど、お子さんがまだ未就園で預け先がないから、
残念だけどあきらめますというコメントが入っていて
陽だまり広場に障がい児と一緒に遊んでくれる
ボランティアさんがいれば、二日市のコミセンで陽だまりカフェや
発達障害の相談会ができるのに・・・。
託児お願いできる方を探してみようかな。
私はやっぱり、陽だまり広場で小さい子に読み聞かせをしたり
一緒に手遊びしたりして遊びたいな。
小学校の読み聞かせは、学期に2回くらいしか入れないし、
障がい児と関わる仕事、お子さんが学校に行っている間に
放課後等デイサービスや介助員さんをやっているママも
けっこういますよね。自分の子も大変なのに、自分の時間を
他の障がい児の為にがんばる余裕は私には、まだないかな。
でもいつか同居に義理の両親が亡くなったら、
この家で障害者とそのママのための事業所をしたいな。
うちの庭の畑で障害者とオーガニックの野菜を育てて売ったり、
障害者の描いた絵の入った雑貨を作って売ったり、
講演会やママの癒やしのイベント(アロマやリンパの
マッサージなど)をしたり、未就園の障害児の親子の
遊びの広場をしたり・・・。
まあ、何年先になるかわからないけど、
私の考えに賛同してくれる方がいたら、協力して
やっていきたいな

夏休みも残りわずかとなりました。
ママとしてはほっとする気持ちもありますが、
夏休みの宿題がまだ終わってないんです
みなさん、終わっていますか?
今、追い込みで大変な子も多いのではないでしょうか。
最近は、宿題が多すぎですよね。
○付け、より直しもして提出だから間違えの多い子は
余計時間がかかりますよね。
あとは、数学の夏の生活(ワークみたいな)と、
英語のBノート(単語などを練習するためのノート)です。
Bノートなんてそもそも1冊分っていうのが無茶ですよね。
受験対策の問題集など3つくらい買ったけど、宿題を
終わらせるので精一杯で受験勉強なんてする時間全然ないです。
夏休みなのにほとんど遊び時間もなく勉強してる
せいちゃんはえらい
夏の思い出も作ってあげたいのに、ちょっとかわいそうです。
みなさんのお子さんはどうですか?

夏休み残りわずかとなりました。
みなさん、夏休みの宿題の追い込みで大変だと思います。
宿題、何とか終わるといいですね。
長~い夏休みでストレスがたまっているママも多いと思います。
そこで、9月の「陽だまりカフェ」は、久しぶりに公共の施設を借りて
お昼ご飯持ち込みの交流会と同時開催で
アロママッサージ(予約制)をしたいと思います。

マッサージのメニューは、参加の申込みの際に
お知らせしますが、
ハンド、ヘッド、全身もみほぐしなどで、
10分~30分で、¥800~¥1,200くらいだと思います。
お弁当を食べながら、ゆっくりおしゃべりしませんか?
アロママッサージで夏休みがんばった心と体を
癒やしてあげませんか?
初参加の方も大歓迎ですお気軽にお問い合わせください。
参加申込みは、私の携帯メールに願いします。
下記詳細です。

日時:9/15(木)11:30~14:30
場所:大野城市中央コミュニティーセンター、交流室1,2
参加費:¥120(施設使用料)
持参品:昼食、飲み物、お茶菓子(なくてもOK)
申込み・問合せ:machi.m-3.2@t.vodafone.ne.jp
申込期限:9/10(土)

よろしくお願いします
 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素も睡眠時と風邪がこじれた時や激しい運動の後、時々必要になるくらいになり、4月からは高校生になります。

障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR