昨日、陽だまり広場を手伝ってくれているママ友とランチしました。
西鉄春日原駅近くの「千太」という和食のお店です。
長崎五島列島の新鮮な海の幸をふんだんに使った海鮮丼、おいしかった~
豪華なその料理に2人ともわーと歓声を上げたほど。
がんばっている自分へのご褒美と言いながらおいしくいただきました。
その後、今週末の陽だまり広場の夏祭りの買い出しに行っていました。
駄菓子やお菓子くじ、くじガム、パフェの容器やスプーン、トッピングに使うフルーツや
ホイップクリームなどを買いました。あとは、当日の朝、スイカを買うだけです。
楽しみだなあ

子育てに奮闘中のママさん、子育てって、思った以上に大変ですよね。
不安になったり、落ち込んだり、イライラしたり・・・。
ママは、家族の太陽です。
ママの心が曇っていたら、家族みんなの心も
曇りがちになってしまいます。
そこで、同じような悩みを持つママ達と
ゆっくりお話ししませんか?
誰に相談したらいいかわからない悩みを抱えているママさん、
厳しい現実に心が壊れてしまいそうなママさん、
ストレスが溜まってイライラしているママさん、
全部吐き出してスッキリしませんか?
ママの心が癒やされたら家族にやさしくできるはず。
ピアとは、仲間という意味。
仲間同士お互いの気持ちを丁寧に聴き合うことで、
相手や自分の感情を受け止められるようになります。
お子さんの心の声に耳を傾けられるママになれたらいいですよね。
そこで、9月の陽だまりカフェは、
ピュアカウンセリング傾聴講座をします。
講師:吉田久美子先生
    元福大筑紫病院小児科看護師長
    ご自身も発達障害のお子さんをお持ちの方です
日時:9/121(月)
    ピアカウンセリング傾聴講座:10:30~12:00
    会食&交流会:12:00~14:00
会場:二日市コミュニティーセンター、本館裏、
    ボランティアルーム1階、おもちゃ図書館「赤ずきん」
参加費:無料
持ってくる物:つり下げ名札、飲み物、
         会食に参加する方は、昼食
申込期限:9/10(土)21時
申込み・問合せ:090-6494-0796(宮本)

毎月第4土曜日に筑紫野市おもちゃ図書館「赤ずきん」でやっている
障がい児の遊びの広場「陽だまり広場」で、夏祭りを開催します。
受付でおもちゃのお金¥500分をもらってお買い物体験をします。
すいかわり、お菓子くじ、パフェ作り、水遊びもできますよ。
おもちゃ図書館「赤ずきん」には、
ボールプールやプラレール、絵本や紙芝居もあります。
おもちゃは、借りて帰ることもできます。
ぜひ、遊びに来て下さい。

日時:8/26(土)11時~14時
場所:筑紫野市二日市コミュニティーセンター、
本館裏、ボランティアルーム1階
参加費:無料
お昼をまたいで遊んで行かれる方は、飲食スペースがありますので、
昼食をご持参下さい。

8/8~17まで埼玉に実家に帰省していました。
埼玉滞在中は、雨ばかりで10日にうち晴れたは、2日だけ、
クーラーも要らないほど涼しいお盆休みでした。
あちらでは、高校の友達に会ったり、お墓参りしたり、
従姉妹にあったりとゆっくりのんびり過ごせました。
実家の母が思った以上に年老いていました。
80歳を過ぎたらこんなもんかもしれませんね。
来年は、九州に遊びに来てほしいです。

7/12(水)放課後等デイサービスのスリール3(春日)さんで、
「陽だまりカフェ」(障がい児のママの交流会)をしました。
当初、会場は、筑紫野市生涯学習センターでしたが、
参加者の1人が”未就園のお子さんを連れて参加したい”
ということで、予約していた茶室(和室)は、”子どもは、
入れない”という制約があったことを開催日の4日前に思い出し、
他の部屋(学習室など)も探したが、空いてなかったので、
慌ててキャンセルに行った。半額しか戻らなかったけど、
全額無駄にならなくてよかった。
予約してた会場が使えなくなったので、
大野城市の中コミのお部屋に空室があったので、
そこを予約しに行くか、おもちゃ図書館「赤ずきん」のお部屋が
空いていたら借りれないか代表の大山さんに聞いてみようか
迷い、今回、講師としてお話をして下さるスリール3の本村さんに
電話で相談してみました。
「キャンセル料が発生しているし、なるべくお金がかからないように
したいので、おもちゃ図書館赤ずきんの大山さんに聞いてみましょうか?
と言うと、「うち(スリール3)を使っていいですよ。私は、
12時までで退席しますが、
14時まで使っていただいていいです。」と言って下さり、
急遽、スリール3(春日)で開催することになりました。
当初、参加予定だった小郡の方が学校の役員の仕事が入って
参加できなくなり、結局、未就園児さん連れの私のママ友と
私の読み聞かせボランティアでご一緒している
お孫さんに障がいがあるという方(おばあちゃん)の2人、
私と本村さんを入れて全部で4名+お子さんの参加となりました。
本村さんから、「いじめと兄弟児のケア」についてお話をいただきました。
いじめについては、本村さんのお子さんも支援学校じゃなく、
地域の学校に行っていたので、いじめがあったそうで、
ある日、鼻をつねられて真っ赤になって帰ってきたそうです。
本人に聞いても何も言ってくれないので、ご主人が担任の先生に
言ったけど、全然ダメで、本村さんが校長先生に直接お話に言ったら、
すぐに加害者の子が謝りに来たそうです。
やっぱり担任がダメなら校長先生に言わないと行けないですね。
泣き寝入りやうやむやにしてしまうと、発達障害の子は、
トラウマになってあとで、フラッシュバックする度につらい思いを
することになりますよね。
せいちゃんも6年の時いじめがあったけど、担任の対応がいまいちで、
他のクラスだったけど、過去に何度か同じクラスになった子のママが
加害者の子をよく知っていたので、間に入って動いてくれて、
4人のうち2人は謝りに来てくれました。
中1の時、机に彫刻刀のようなもので、
「宮本、死ね」って掘られていた時は、担任が犯人を追及しないと
言ったので、誰が犯人かわからず、誰からも謝られていないので、
未だにトラウマになっている。
どんなにつらいことでも謝ってもらえたら、それほど深い傷は
残らないんだけどね。
親はできるだけトラウマを作らないようにと思って気をつけてはいるけど、
学校生活の親や先生が見ていないところで、いじめやからかいって
起こってしまうからね
なかなかいじめやからかいを受けていることを親に言えない子も多いので、
周囲の子どもたちから常に学校の様子などを聞いておくといいですね。
いじめは、おとなになっても就労施設でも起きることがあるそうで、
お子さんの日々の様子を注意深く見ていかないといけないなと思いました。
兄弟児のケアについては、どうしても障がいのある子に手がかかるから、
我慢させることが多いが、障がいのある子が学校や
放課後デイサービスなどに預けて居ないときに兄弟児さんと出かけたりして、
愛情をたっぷり注いであげることが大切なようです。
やっぱり子どもは親から”愛されている”という実感がほしいんですね。
兄弟児のケアについては、障がいのある子のせいで、
誹謗中傷を受けるという子もいて、難しい問題ですね。
これからもこの兄弟児のケアについては、先輩ママさんに
お話を聞いていこうと思います。
本村さんが退席されて、午後からは、昼食を食べながら、
兄弟児さんの反応や態度についてが話題になりました。
思春期にいろいろ周りから言われる事は、
そのときは、言わなかったけど、今になって
”あの時は、つらかった”と話す子も居るそうで、
お母さんも大変そうだからと気を遣ったりして
子どもなりに我慢してるんですよね。
それに気づいてあげられるといいんですけど・・・。
後半は、私がおすすめの障がいをテーマにした本の紹介や
読み聞かせをしてあっという間に14時になったしまいました。
スリール3のみなさん、お世話になりました。
とても有意義な陽だまりカフェになったと思います。
次回はお仕事をしてるママの為に、早めに開催日を
決めてお知らせしますね
 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素もそろそろ卒業できるのでは?と言われるほど元気になりました。3ヶ月全く使わずに過ごせたら、卒業できるそうで、NO酸素生活をはじめてもうすぐ2ヶ月です。
そんなせいちゃんも4月からは普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。
障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR