• 聖ちゃんの被害妄想

4年生になってから、聖ちゃんの被害妄想がひどくなってきた
6/17(金)下校時間に迎えに行くと、
「給食の時間に聖ちゃんが泣いて、また被害妄想を言っていたよ。」
と言われた。
詳しく話しを聞いてみると、
給食の準備から、”いただきます”するまでに、”うるさかったり、
姿勢が悪かったりして先生に注意された子は、漢字を1行書く”という
お約束をしているらしい。聖ちゃんが注意されたので、
誰かが「漢字1行だよ!」と言ったら、
「じゃあ、漢字100問書けってことでしょ!」
半べそをかいたようです。
1行と言っているにもかかわらず、勝手に100問と言ってぐずる・・・。
全く困ったもんだ
給食を食べ終わっても、グズグズ言っていたらしい

帰宅後、最近こんな感じの被害妄想が激しいので、
「学校で何があったの?泣いてもいいから話してごらん。」と言うと、
「あのね・・・。だってね・・・。」と言いながら、号泣
「僕ね、悲しみと不安が170あるんだ。だって、~くんが
僕の手や鼻を噛むんだよ。それに、みんなが僕に
”ようちえん!ようちえん!”って言うんだ。」と言って、また号泣
「どうして、もっとはやく、ママに言ってくれなかったの?
悲しいときは、泣いてもいいんだよ。我慢しなくていいんだよ。」と言いながら、
私も一緒に泣いた。
「だって、おじいちゃんが4年生は泣いたらおかしいって言ったんだもん!」と
聖ちゃんが言った。
「4年生だって、悲しいときは泣いていいんだよ。泣いたらスッキリすることも
あるでしょ。嫌な事は、我慢しないで、はっきり嫌だ、やめてって言っていいし、
悲しかったら泣いていいんだよ。そんなにつらい思いしているのに、
ママ気づいてあげれなくてごめんね。」と言いながら、抱き合って一緒に泣いた。

聖ちゃんは、おしゃべりは上手だけど、自分の感情を言葉にするのは、
やっぱり、苦手なんだね。
私は、本当にかわいそうなことをしたと思った。
通常発達の子がどんどん成長していく中、聖ちゃんは、聖ちゃんなりに
充分がんばっているけど、精神年齢が6.7歳の聖ちゃんには、難しいことも
あって、みんなとのギャップに戸惑っているのかなあ。
聖ちゃんの希望もあって、担任の先生に会って話を聞いてもらうことになった。
その日の夕方、担任の先生と、補助の先生と学年主任の先生が
聖ちゃんの話を聞いてくださいました。
手や鼻を噛む子は、先生が注意してもうしないと約束することになりました。
聖ちゃんの悲しみの原因については、ゆっくり話を聞いたうえで、
「どうしたらいいかクラスで話し合ってみようと思います。」と
言ってくださいました。
そして、みんなには、”ようちえん!”と言うのではなく、
4年生スイッチONや4年生らしくかっこよく、という声掛けを
してもらうようにお願いしました。

週明け(火)が参観と懇談会だったので、保護者の皆さんにもお話して、
「嫌なことは、人それぞれ違うので、嫌だと言わないとどれほど嫌なのか
相手に伝わらないから、それほど、嫌がっていないと思ってしていると
思います。こういうことは、うちの子だけじゃないと思うので、
”何か学校で嫌なことなかった?”って聞いてあげてください。
そして、みんながストレスなく楽しく過ごせるようにしたいです。」と
話しました。


スポンサーサイト

  • コメントの投稿

非公開コメント

No title

ああ、悲しいです。
あの○年生になったら泣いたらダメ!のような発言。何年生になっても、悲しいときや悔しいとき涙は出ますよね。
とくに感情が言葉で表現できない子供は、子供なりに考えて泣くという自己表現を習得した・・・それだけなのに。

うちの娘、パニックと嫌!という表現のとき『泣く』という行動に出るんです。他害や自傷もあるけれど、それは本当に困ったときだけで外で出す事はほとんどない・・・泣くという行為だけ外で出る。
それを支援学級の先生が『1年生なのに、もう泣きません!』と一喝したそうです。学校では嫌なことも泣けなくなり、どうしてもというときは泣くらしいのですが、思ったように表現できなくなり家での行動が落ち着かなくなってきているんです。とにかくイライラしたり、急に泣き出したり(フラッシュバック?)、夜泣きもよく出るようになってきたし、かと思えば甘えも酷く出ていて。

どうして自己表現をダメと押し付けるのか?では、今まで表現していた方法を止めさせるのであれば代替の表現方法を根気よく教えてくれるのか。
パニックで自傷や他害をしている生徒に一喝したところで、いいことがあるのかと言われたらないですよね・・・。

逃げ場である支援学級が娘にとっては緊張しなければならない場所に変わってきているみたいで、どうしてyったらいいものか。

No title

まるっちょ!さん、コメントありがとうございます。
まるっちょ!さんの娘さんも
「1年生なのに、もう泣きません。」と言われて、
泣きたいのに我慢してつらい思いをしているんですね。
大人でさえ泣きたい時は、泣きますよね。
それを支援級の先生が泣くなと言うなんて・・・v-390
泣いてスッキリすることもあるんだから、泣かせてあげてほしいですよね。

私は、3歳の時に父に「泣く子は嫌いだ!」と押し入れに閉じ込められて、
真っ暗で怖い押し入れの中で、一夜を明かしました。
幼心に”泣くのはいけないことなんだ!”と強く刻み込まれ、
泣きたくても泣けない子になってしまいました。
泣いたら、スッキリするのに泣けないから、
いつまでも、引きずってしまうんです。
私は、いまだに素直に泣けなくてつらいですv-390
今、ホメオパシーでそのトラウマの解放をしています。
聖ちゃんには、そんなつらい思いしてほしくないv-409
まして、嫌なことも楽しいことも映像で記憶するという
発達障害の子達は、トラウマになりやすいし、その時の
感情ごとよみがえるというフラッシュバックもあるのに、
泣けないというのは、つらいと思う。

支援級の先生に”泣くのを我慢することで、癇癪を起したり、
自傷、他傷、鬱病などの二次障害につながる可能性がある”と
話してみてはどうですか?

娘さんが毎日、楽しい学校生活を送れるように願っています。

No title

聖ちゃんママさんはトラウマを抱えられているんですね・・・。人間って、笑ったり泣いたりしながら生きて行くものだと思うんですけどね。
泣いていい場所、いい時っていうのはあると思うのですが、まだ子供。今から、順をおって教えていこうと思っていたのに。

一応、支援級の先生には泣けなくなることで自傷や癇癪・夜泣きに繋がることをお伝えしました。それからは少し、先生の対応もやわらかくなった気もしますが・・・。でも、まだまだ理解までにはいってない感じです。来週の個人懇談で、よく話し合おうと思ってはいますがちゃんと伝えることが出来るかどうか(汗)

No title

まるっちょ!さん、お返事ありがとうございます。
支援級の先生は、これから何年か見てもらわなくてはいけない先生
ですよね。ちゃんと理解したうえで、
きちんとした対応をしてもらいたいですね。

今日は、博多のレストランで「陽だまりカフェ」をします。
おいしいものを食べながら、いろんな事をたくさん話して
来ようと思いますv-410
来月は、夏休みなので、子連れでどこかへ遊びに行こうかと
思っています。詳細が決まりましたら、ブログでお知らせしますので、
よかったら、まるっちょ!さんも参加してください。

No title

博多なら行けたな~!っと思いながら・・・。
今日は仕事なんです(涙)
そして夕方は療育です。

夏休みいいですね♪我が娘が行くかどうかは微妙ですが。知らないところや知らない人を嫌がるんですよね・・・これは特性として顕著に出ている部分かな~。

おいしいものいっぱい食べてストレス発散してきてください。またブログに寄らせていただきます。

Re: No title

まるっちょ!さん、返事が大変遅くなってすみませんv-435
7/8の「陽だまりカフェ」、とっても楽しかったです。
博多辺りなら、スケジュールが合えば、参加できるんですねv-218
娘さんは、初めての場所や初めて会う人が苦手なら、ママだけの方が
参加しやすいですね。また、いつか博多辺りで開催したいと思います。
まるっちょ!さんと一度、会ってゆっくりお話ししたいです。
まるっちょ!さんの参加可能な日に設定しますので、
その時は、ぜひ参加してくださいねv-392
 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素もそろそろ卒業できるのでは?と言われるほど元気になりました。3ヶ月全く使わずに過ごせたら、卒業できるそうで、NO酸素生活をはじめてもうすぐ2ヶ月です。
そんなせいちゃんも4月からは普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。
障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR