FC2ブログ

  • スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 合理的配慮の講習会のご報告

11/10(土)大野城市総合福祉センターで
合理的配慮の講習会をしました。
参加者29人(パネラー、主催者含む)。
遠くは長崎から参加してくださる方もいました。

第1部 10時~12時 坂口美由紀先生の講演会
特性に合った支援の仕方
~学校生活での困ったを軽減するために~
内容は、
合理的配慮とは?
発達障害とは?
様々な特性について
特性に合った支援の仕方
盛りだくさんの内容で2時間たっぷり
お話ししていただきました。
とってもわかりやすく、
なるほど、そういうことかとうなずきながら聞きました。
すごく参考になりました。これからの子育てや
「陽だまりカフェ」でのお仕事に
生かしていきたいと思います。

第2部  「学校生活における合理的配慮について」
                 のパネルディスカッション
学校生活における合理的配慮の実例発表
(1)小学校特別支援学級 担任
(2)中学校特別支援学級 担任
(3)特別支援学教 教諭
(4)小学校特別支援学級保護者代表
(5)中学校特別支援学級保護者代表
(6)特別支援学校保護者代表
(7)特別支援学校中学生から参加者への手紙
講師、パネラー、受講者全員によるディスカッション

実例発表では、先生方の温かく、細かい配慮によって、
特性に合わせた様々な配慮の実例や
”障がいのあるお子さんだけでなく、周りのお子さんも成長した”
”お子さんを受け入れて見守って下さる温かい配慮によって
落ち着いて過ごせるようになった”などのお話が聞けました。
また、中学生からのお手紙は、
つらかった時期を乗り越えることができた
先生や放課後デイサービスの先生への感謝の気持ちが
あふれていてとても感動的でした

講師の先生、パネラーの方々、受講者の皆さん、
ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト

  • コメントの投稿

非公開コメント

 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高2の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われました。3才までは24時間酸素吸入が必要だった聖ちゃんでしたが、少しずつ元気になって、H30年夏、在宅酸素療法を完全に卒業することができました。聖ちゃんは、療育手帳B2だけど、H29年4月からは私立の普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。