FC2ブログ

  • スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 絵本と音楽の世界

8/23(木)、太宰府南コミュニティーセンター、多目的ホールで、
絵本の読み聞かせとバイオリン+ピアノのライブイベント、
「絵本と音楽の世界」を開催しました。
15組の親子が参加してくれました。
親子向け第1部、最初は、9:30~10:15くらいまで
自分だけのオリジナル楽器を作るワークショップ。
子ども達は様々なを材料使って思い思いの楽器を作りました。
マラカスのようなものや太鼓のようなもの、笛のようなもの、
ギターのようなものなど、夢中でとっても楽しそうに作っていました。
休憩を挟んで、10:35から絵本×バイオリン+ピアノのライブ。
まずは、バイオリンとピアノの演奏に合わせて、
作った楽器を「となりのトトロ」の曲に合わせて演奏。
その後、バイオリンとピアノでいくつか曲を演奏していただき、
絵本に合わせて音楽を演奏していただきながらの読み聞かせ。
1冊目は、「ふしぎなふしぎなまほうの木」、
竜馬さんと聡史さんの奏でる音楽に子ども達は絵本の世界に
引き込まれていきます。
2冊目は、「アントン先生」
森のいろいろな動物が出てくるおもしろいお話ですが、
アントン先生が倒れちゃうシーンでは、みんな心配そうに絵本を
見つめていました。
3冊目は、「ZERO」ゼロ
最初は自分が好きになれなかったZERO「0」が
自分の良さに気づき、他の数字と一緒に大きな数まで
数えるシーンでは、みんな食い入るように絵本を見ていました。
「みんなちがって みんないい」のメッセージで終わるこの本は、
自尊心が傷ついてしまったお子さんにお勧めの1冊です。
この本、実は私が読んだのですが、小学校で10年近く
読み聞かせのボランティアをしていますが、
今まででいちばんうまく読めたような気がします。
音楽が絵本の世界観にすっごくマッチしていて、
読んでいてとっても気持ちがよかったです。
貴重で贅沢な経験をさせていただきました。
本当にありがとうございました
そのあと、アンパンマンマーチなど4曲ほど
演奏していただきました。
最後の曲では、自分が作った楽器を持って
子ども達が前に出てきて、
竜馬さんと聡史さんの間に並び、
竜馬6重奏になっていました。
とっても楽しそうに楽器を演奏する子ども達は、
すっごくかわいかったです
第1部は大盛況の中、幕を閉じました。
第2部の様子は、次の記事で。
関連記事
スポンサーサイト

  • コメントの投稿

非公開コメント

 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高2の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われました。3才までは24時間酸素吸入が必要だった聖ちゃんでしたが、少しずつ元気になって、H30年夏、在宅酸素療法を完全に卒業することができました。聖ちゃんは、療育手帳B2だけど、H29年4月からは私立の普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。