• スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • おもちゃ図書館ボランティア 九州沖縄地区研修会

11/3おもちゃ図書館ボランティア 九州沖縄地区研修会に行ってきました。
午前中は、福岡市立生の松原特別支援学校教諭 竹森千峰子さんによる講演。
テーマ「障がいをもつ子たちへの接し方」でした。
イラストでトラブルの例などを説明してくださり、とってもわかりやすかったです。
昼食後は、分科会、私は「おもちゃ図書館に来る親の声を聞こう」に参加しました。
2か所のおもちゃ図書館のボランティアさんがお話をしてくださいました。
お子さんが小さい頃、不安と孤独の中、おもちゃ図書館に行ってみたら、
いつも子どもが怒られてばかりで、謝ってばかりだったのに、
「お母さん、気にしなくていいよ。」とやさしく声をかけてくれたボランティアさんに
救われたこと、悩みや愚痴をたくさん聞いてもらったこと、
子どもの為というより、自分の為におもちゃ図書館に行っていたと言ってました。
お子さんの小さい頃の話に涙が出ました
もっとたくさんの人にこの素晴らしい「おもちゃ図書館」を知ってほしいと思いました。
小郡のおもちゃ図書館「ゴリリンクラブ」の代表の方が、
”「陽だまり広場」の事を発表しなよ!"と言ってくださり、
筑紫野市おもちゃ図書館「赤ずきん」の代表の方が、手を挙げて、
「赤ずきんでは、昔は障害児が来ていたけど、最近なかなか来なくなって、
健常児ばかりになっていて、障害児が来にくいという声もあり、
8月から特別開館というかたちで、障害児の遊びの広場をやっています。」と
言って私にふってくださり、「陽だまり広場」を月に2回、月・土にさせてもらっている事、
障がい児が怒られることなく、安心して思いっきり遊べる場があるのが有難いという声や
同じような境遇のお母さん達と情報交換や悩み相談などができて親も子もとっても
楽しく過ごせる場である事、たくさんのママからまた来たいと言ってもらってる事を話しました
また、30日からは、土曜日の開館日の午後にパパにお子さんを任せて、別室で、
ママの交流会をして行こうと思っている事。なぜママだけかというと、知的に遅れの少ない子は、
同じ空間にいると、聞いてないようでも聞いていて、自分のことでママが悩んでるとか、
自分のせいでママが泣いてると思ってしまうから、お子さんの障がいゆえの深い悩み相談が
お子さんのいないとこじゃないとできない事。ママだけで、ゆっくりおしゃべりすることで、
ママが悩みやストレスを思いっきり吐き出して、癒される場にしたいと話しました。
司会の方も「障害児の日を特別に設けているところは、他にないので、とってもいいと思います。」と
言ってくれました。ゴリリンの代表の方もグッドサインを出しながら、
ウインクしてくれました
ボランティアさんだけあって、みなさん本当にいい方ばかりで・・・。
新たな出会いに感謝です
かめさんひろばの代表の方ともゆっくり話ができてよかったです。
スポンサーサイト

  • コメントの投稿

非公開コメント

 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素も睡眠時と風邪がこじれた時や激しい運動の後、時々必要になるくらいになり、4月からは高校生になります。

障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。