• ひなたぼっこ

筑紫野市おもちゃ図書館「赤ずきん」で、「陽だまり広場」を
させてもらっていますが、私がいちばんやりたい事がまだ一度も
できていません
私がいちばんやりたいこと、それは、手遊びや絵本の読み聞かせ等、
障害児の幼稚園みたいに少ない集団から、幼稚園や保育園に行く為の
ステップとして、集団療育的な事をしたいんです。
週1回の療育じゃ足りない、こぐまでは、人数が多かったり、
他害の子がいたりで、なかなか落ち着けない子もいるようで・・・
最初はみんなの輪に入れなくても、何となく聞いていてくれたら、
そのうちみんなと一緒に座って活動ができるようになるんじゃないかな。
せっかく、おもちゃ図書館で家ではできないダイナミックな遊びができるのだから、
遊びを通して、協調性や社会性を身に着けるきっかけになってもらえたらと
思っています。
そこで、11/29(金に)障がいや発達の遅れのある子の遊び場「ひなたぼっこ」を
開催します。
「ひなたぼっこ」は、ゆっくり発達の子たちがひなたぼっこしてるみたいに
落ち着いて楽しく過ごせる遊びの広場です。
1回目なので、参加人数がどのくらいになるかわからないけど、
2組でも来てくれたら、やろうと思っています。
以下詳細です。

日時:11/29(金)10:30~13:30のお好きな時間帯
場所:筑紫野市生涯学習センター、3F、学習室2
参加費:施設使用料を参加親子の数で割った額(¥200~¥300程度だと思います)
持ってくるもの:飲み物、お昼を挟んで参加の方は、1Fロビーで飲食できますので、
        おにぎりなどのお昼ごはん。
        必要に応じてお気に入りのおもちゃや落ち着きグッズ。
        ママのお勧めの絵本があったら、持ってきて紹介してください。
申し込み・お問合せ:machi.m-3.2@t.vodafone.ne.jp090-6494-0796

スポンサーサイト

  • コメントの投稿

非公開コメント

 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素もそろそろ卒業できるのでは?と言われるほど元気になりました。3ヶ月全く使わずに過ごせたら、卒業できるそうで、NO酸素生活をはじめてもうすぐ2ヶ月です。
そんなせいちゃんも4月からは普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。
障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR