• スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 甘えて、赤ちゃんみたいに・・・

先日、月に4回行っている療育(この日は、OT)に行った時のことです。
いつものように、子どもがリハビリする部屋に靴を脱いで入ろうとすると、
履いていた長靴がなかなか脱げなかったようで、
「ママ、脱がして!」と甘えてきました。
「手を使えば、自分で脱げるでしょ。甘えないの!」というと、
益々甘えたように「ママ、脱がして!」と手を使わないまま言うばかり
その部屋は、中に6つくらいの個室があって、
子ども達がセラピストさんと個別で療育ができるようになっています。
その出入り口に座って聖ちゃんが愚図っているので、
出入りする人の邪魔になっていて
「ほら、邪魔になっているよ!速くしなさい!」と言っても、
全く動こうとしないし、大きな声で「ママ、脱がせて!」と言うばかり・・・。
「自分でできることは、ママはしてあげないよ!」と言い放ち、
私は先に部屋の中へ入って、様子を伺っていた。
先生も「自分でできるよ!」と声をかけながら、見ていましたが、
自分で脱ごうとする様子もなく、
「先生も手伝わないよ!先生、先に行ってるよ。はやく来てね!」と中へ。
こういうことがたまにあるんだよね
甘えて、わがままを言って、誰がしてくれるのを待っている。
無視していたら、そのうちにあきらめて自分でするんだけど、
この日は、なかなか気持ちの整理がつかないのか、
そのうち、ドアをバンバン、開けたり閉めたりし始めた。
「やめて!ドアが壊れちゃうよ。お勉強してるみんなが迷惑だよ!」と
少しだけ手を貸して、立ち上がらせた。
明らかにものにあたっている。困ったものだ
おかげで、40分の療育が25分くらいになってしまった。
高いお金払っているのに、もったいない

よくよく話を聞いてみると、学校で歌のテストがあって、
その時にちゃんと歌わずにふざけていたら、お友達に注意されたことを気にしていたようだ。
また、”卒業式で歌う歌が高いところがあって、みんなみたいにきれいな声が出ない”と言う。
聖ちゃんは、もともと声が低い方だから、高い声が出なくてもしょうがないと思う。
でも、自分がみんなと同じ高い声が出ないことを凄く気にしていたようだ。
「じゃあ、その事、明日、担任の先生に相談してみよう。」と言うと、
「うん、ママ、明日、連絡帳に書いて!」と言われた。
翌日、連絡帳で相談すると先生から電話がかかってきた。
高い声が出ないのは、聖ちゃんだけじゃないです。他にも何人かいます。
でも、「音がはずれてもいいから、一生懸命歌ったら、
6年生も喜んでくれると思うよ。」と話しました。納得してくれたようです。と言われた。
気にしない子は、全然気にしないと思うけど、こんなことでも、
ストレスになるんだなあ
ここのところ、卒業式の練習を1日に2時間くらい、毎日のようにしてるから、
疲れるんだろうな。ADHDの聖ちゃんにとって、
2時間近く、静かにじっとしているのは、疲れるんだと思う。
おやすみの前に「卒業式の練習、がんばったね!えらいね!」って、
頭をなでなでしてあげたら、嬉しそうに笑ってくれた。
やっぱり、まだまだかわいい聖ちゃんです
スポンサーサイト

  • コメントの投稿

非公開コメント

 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素も睡眠時と風邪がこじれた時や激しい運動の後、時々必要になるくらいになり、4月からは高校生になります。

障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。