8/27(日)14:00から麻生リハビリテーション学院で
カンガルーの親子のおしゃべりソロンがありました。
おしゃべりサロンは、初めての参加でしたが、
カンガルーの親子のカンガルー広場や
傾聴講座には何度か参加させてもらっているので
顔見知りも何人かいて話しやすかったです
まずは、1人ずつ自己紹介。
お子さんの年齢、性別、生まれたときの様子、現在の様子など。
次に、自分の話をと言われました。
お子さんの話ではなく、ママの今の状況や趣味などを話してと
言われて、「エー」と戸惑うママも多かったですが、
私は、陽だまりカフェ、と広場の話をして、しっかり宣伝してきました
その後、初参加の1歳の子のママのために
1歳の頃、それぞれどんなだったかを話しました。
みんないちばんつらかった時期だよね。
なのにもう忘れてるって人も居て・・・。
人の話を聞いてて、思い出して話してくれるママもいました。
うちは、24時間酸素をしていて、人混みに出しちゃ行けないと
主治医の先生に言われていたからずっと家でこどもと一緒で
しかも主人の両親と同居で、埼玉から来て友達も親戚も居なくて、
すっごいストレス溜まる状況でした。でもどうにかストレスが
溜まらないようにと歌が好きだから、何かと歌って過ごしてました。
そうそう、いろんな歌を作っていたよね。
うんちで出ろ出ろマッサージの歌、
お風呂入ろうの歌、せいちゃんはかわいいっていう歌、
そうっとテープをはがすよの歌など。
せいちゃんに今でも時々歌ってあげるけど、
残念ながら全然覚えてないんだよね。
仕方ないよ。1、2歳の記憶はさすがに残ってないよね。
1歳の頃のこと、って言われて、つらかったこと、
いっぱい思い出したけど、かわいかったせいちゃんのことも
思い出してちょっとしみじみしました


スポンサーサイト
 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素もそろそろ卒業できるのでは?と言われるほど元気になりました。3ヶ月全く使わずに過ごせたら、卒業できるそうで、NO酸素生活をはじめてもうすぐ2ヶ月です。
そんなせいちゃんも4月からは普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。
障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR