休憩を挟んで、帰られた方の席を除いて、
少しコンパクトに話しやすくして、午後の部スタート。
当初の予定では、休憩中にもう一度くじ引きをして、
席替え後、昼食、その後は、フリータイムでしたが、
座談会がテーマ3までしか話せていなかったので、
昼食を食べながら、続きをすることにしました。
4、進路について
地域の中学校の支援学級では入学するとすぐに
高校は、普通高校進学希望か支援学校へ行くのか
アンケートがある。
支援学級で授業を受ける場合、お願いしないと
通知表に数字での評価が出ない。
定期テストも支援学級の先生が
その子の学力に合わせたテストを作ってそれをやる。
中2の3学期の進路説明会で療育手帳がないと
太宰府支援学校は、願書が出せない、
軽度の子は、落とされる可能性があると
言われて、慌てて、3年から普通高校受験モードに
切り替えたという方もいました。
高校受験は、1年からの積み重ねが大切なので、
支援学級を考えてる方は、入学したら、
中学卒業後の進路をよく話し合うことが大切ですね。
高校は、常葉高校、立花高校が受け入れがいい。
立花高校は、単位制で不登校の子も受け入れている。
星槎国際高校は、単位制、通信制で
一般の国数英理社だけじゃなく、調理や物作りなど
いろいろな授業がある。
週に何日行くか自分で選択するシステム。

後半、教育委員会への不満などでトークが盛り上がり、
最後の障害者年金の話はできませんでした。
すみません。次の機会に話できたらと思います。

お子さんの年齢も低学年から成人まで幅広く、
放課後等デイサービスの方や市議会議員さんまで
立場の違う方からもお話が聞けてとてもよかったです。
終了後のアンケートでは、交流会についてもお弁当についても
みなさん、「よかった」に○していただきました。
また参加したいと言う方が多く、
今後の育成会のイベントのお知らせがほしいという方は
連絡先を記入して下さいとしていたら、
たくさんの方がメアドなどを書いて下さいました。
本当によかったです
”手をつなぐ”横のつながりの大切さを再確認しました。
参加して下さったみなさん、ありがとうございました
スポンサーサイト
 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素もそろそろ卒業できるのでは?と言われるほど元気になりました。3ヶ月全く使わずに過ごせたら、卒業できるそうで、NO酸素生活をはじめてもうすぐ2ヶ月です。
そんなせいちゃんも4月からは普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。
障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR