7/6(木)私が部長をしている大野城市手をつなぐ育成会学童部主催の
地域交流会がありました。
4年前から育成会の会員以外の地域のママ達との交流を目的に
始まった地域交流会ですが、おととしは、勉強会&交流会だったせいか
参加者34名、去年は、交流会で17名でした。
昨年度春から、市の教育委員会が各団体の配布物を規制した為、
お知らせのプリントを市内の小中学校で配布してもらえないことが
多くなって、今回は、大利小、月の浦小、平野中の3校の支援級にしか
告知ができませんでした。
開催日の5日前で参加申込みがあったのは
なんとたったの7人!!
やばい!焦って、知り合いにお誘いメールをするも、
急だったので予定があると言う方がほとんどで
会員さんにもう一度お知り合いに声かけをお願いするも
やっぱり予定が入っていて
私は最後の手段に出た。
もうこうなったら保護者じゃなくてもいいと
私の知っている放課後デイサービス5件にFAXや電話で
「参加者が集まらなくてこまっているんです。
今日、明日の利用者さんの連絡帳にお知らせのプリントを
入れてください。スタッフの方、1人でもいいので参加して
いただけないでしょうか?」と泣きのお誘いをしたところ、
全部で7名の放課後等デイサービスのスタッフさんが
途中までや遅れてもいいならと参加申込みをしてくださいました。
そして、前日、大野城市の療育事業「いちご学級」のある(水)だと
気づいた私は、最後まで悪あがきしてやる!と
朝、福祉課にいちご学級にお知らせを掲示していいか
FAXを送信して傾聴講座へ。
二日市駅の構内で携帯に福祉課の方からOKの電話をいただき、
傾聴講座が12時までなので、終わったら速攻で春日原駅に移動、
歩いていちご学級をしているすこやか交流プラザへ。
13時過ぎてしまって、午後のグループ療育が始まったばかりだった。
掲示については、福祉課からいちご学級の子ども健康課に
連絡してくれていたようでFAXで流したお知らせがすでに
掲示されていました。「グループの入れ替え時間にママ達に配布して
いいですか?」と聞くと掲示と配布は、別物で、配布のOKももらわないと
配布はできないと言われ、すぐに福祉課に電話し
「お子さんから目が離せないお母さんも多いので、
掲示板を見ない方も多いんです。コピーして配布してもいいですか?」
福祉課の田中さんからOKをもらったことをいちご学級の方に伝えると、
「いや、いちご学級は子ども健康課の管轄だから、
子ども健康課の許可がないと、配布できません。」
あ~めんどくさい!何それ福祉課でOKもらってるんだから、
いちごのスタッフさんも子ども健康課の方に
宮本がそう言ってますけど、いいですか?」って電話してくれればいいのに、
不親切だなと思いながら、「じゃあ、今、子ども健康課に聞いてきます。」と
徒歩6分くらいの市役所へ、まず福祉課の田中さんにいちごで
言われたことを伝えて、子ども健康課のどなたへ聞いたらいいですか?」と
言うと「~さんです。一緒に行きましょう。」と2階の子ども健康課まで
案内して下さいました。
子ども健康課からあっさり許可が出て、でも配るのは、
あくまでもスタッフでと言われました。強引な勧誘みたいに感じてしまう方も
いるかもしれないからかな。締め切りを16時にしていたが
最後のグループの療育が16時に終わると言うことで、18時に訂正して、
社協の事務所でコピーして、もう一度いちご学級へ。
何とか午後いちのグループが終わる前に配布するプリントを
スタッフさんに渡すことができた。
何度も往復して、もう汗だくの腹ぺこ
コンビニでおにぎりを買って、
市役所近くの放課後等デーサービスWINGさんへ。
所長のMさんは不在。いつもアポなしで行く私が悪いんだけど、
いつも会えないんです。スタッフのお姉さんに事情を話すと
Mさんの携帯に電話してくれました。
「以前、スタッフさんに預けたと思いますが・・・。」と
また、泣きのお誘いをしたら、Mさんが参加してくれることに
よかった。参加者も増えたし、やっと明日Mさんに会える
Mさんは、おととしの勉強会&交流会に参加してくれたり、
育成会主催の勉強会にも参加してくれて、
気が利くし、向上心と熱意がある西織圭似のイケメンさんです。
私、向上心と熱意のある若い人って、大好き。応援したくなるんだよね。
その後、近所のデイサービス2件にお願いに行って、
帰り着いてたのは、16時近くでした。
お疲れ様!がんばったね、私。もうひとがんばりして夕飯の支度を
していると、携帯にいちご学級のママから交流会の参加申込みの電話が。
「よっしゃー!」思わず小さくガッツポーズ
最後まであきらめずにがんばったらいいことがあるものだと再認識しました。









スポンサーサイト
 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高1の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われましたが、酸素もそろそろ卒業できるのでは?と言われるほど元気になりました。3ヶ月全く使わずに過ごせたら、卒業できるそうで、NO酸素生活をはじめてもうすぐ1ヶ月です。そんなせいちゃんも4月からは普通高校に通っています。

障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR