FC2ブログ

昨日、知り合いの放課後デイの管理者の方とハッピーママ4月号を
近郊の放課後デイや児童発達支援事業所に配布してきました。
毎月、配布していますが、昨日は、全部で10カ所に行きました。
春休みということで、どこの事業所も子ども達でにぎやかでした。
どこの事業所も快く、利用者さんに配っていただいています。
ついでに、4月の「陽だまりカフェ」のチラシと
4/27のおもちゃ図書館「赤ずきん」でするバリアコンサートのチラシも
配ってきました。これを見てどのくらいの方が申し込んでくれるか
わかりませんが、少しでも参加者が増えるといいな
スポンサーサイト

4月の「陽だまりカフェ」の詳細が決まりました

日時:4/17(水)11:00~14:00(お好きな時間帯)
場所:筑紫野市生涯学習センター、3F、茶室
参加費:¥300(ヒーリング体験とアロママッサージは、別料金)
持ってくる物:昼食(1Fロビーでパンの販売有り)、
        飲み物(自販機有り)、お茶菓子(あれば)
申込み・お問合せ:machi32-m@ac.csf.ne.jp(宮本)
または、このブログか心もほんわか「陽だまりカフェ」のFacebookに
コメント下さい。

アロママッサージのメニュー
1、首~ヘッドマッサージ:¥1,000/20分
2、むくみ解消膝下オイルマッサージ:¥1,500/15分
3、全身ゆるゆるマッサージ:¥1,500/20分

2をご希望の方は、オイルがついても差し支えない服装でお越し下さい。

ヒーリングライアー体験
お一人様 ¥800

アロママッサージとヒーリングライアーで、
身も心もほんわかうっとり
とろけるような夢ごこちをぜひ、ご体験下さい。


先日の「陽だまりランチ会」の時に、
「今までの子育てで、後悔していることは何ですか?」と
聞かれて、考えてみた。
やっぱり、あれだなと浮かんだのは、
聖ちゃんが4年生の時のこと。
聖ちゃんが4年生の時の交流学級は、元気いっぱいの子が多く、
担任の先生が新任の先生だったことも有り、手を焼いていた。
4年生というと、通常発達の子は、思春期、反抗期の始まりで、
急に成長し始める頃。
でも、発達障害の聖ちゃんは、精神年齢は2~3年遅れているし、
みんなのように上手くできないことも多く、
みんなとの差が目立ち始めた。
みんなも本人もその差を感じ始めていた。
ある日、クラスの男子から聖ちゃんの幼稚な言動から
「幼稚園!」とからかられた。
そのうちクラス中で、「幼稚園!」コールがわき上がったそうだ。
いたたまれなくなった聖ちゃんは、
「僕、幼稚園に行くよ!」と教室を飛び出した。
聖ちゃんが通う小学校は、隣に幼稚園があるのだ。
やさしい女の子が追いかけて教室に連れ戻してくれたそうだ。
それから、休み時間に「サメだぞ~!」と追いかけてくる子がいて、
その子はごっこ遊びのつもりなんだけど、
聖ちゃんは、本当にサメが追いかけてくるような気がしてしまって、
怖いそうだ。
それから、教室で、男子に「ちんこ、出せ!」と言われ、みんなの前で
出してしまったらしい。
みんなが笑うから、聖ちゃんはみんなが喜んでいると
思ったようだ。その話を聞いて、ちょっと酷かなと思ったけど、
今後のためのもちゃんと教えなくちゃいけないと思って、
私は”笑い”について説明した。
「聖ちゃん、日本語の笑いには、2種類あるんだよ。
1つは、面白くて笑う、笑い。もう1つは、バカにして笑う、笑い。
聖ちゃんは、バカにされて笑われたんだよ。」と。
聖ちゃんは、悲しそうな顔で「そうなの?」と言った。
「聖ちゃんは、からかわれたんだよ。それに、その行為は、
痴漢と同じで、罪になるから、もう絶対にしたらダメだよ。」と
少し強めに言い聞かせた。
その日は、学校の帰りに「~くんが怖い」と言ったので、
どうして~くんが怖いの?と聞いたことから、
いろいろな話が出てきた。
聖ちゃんは泣きながらこう言った。
「僕は、今、悲しみが100万個あるんだ。
でも、おじいちゃんは、男は泣いたらダメだって言うし、
泣いたらみんなにバカにされると思って、ずっと我慢してた。」と。
私は、そう聞いて、
”どうしてこんなになるまで、気づいてあげられなかったんだろう”と
すごーく、後悔した。もっと、普段から気をつけて話を聞いて
あげればよかった。
いつも楽しそうに学校に行ってるから安心してしまっていた。
「聖ちゃん、おじいちゃんや学校のお友達の前では、
我慢してもいいけど、ママの前では、我慢しないで泣いていいんだよ。
ママはね、聖ちゃんがこんなにつらい思いをしていることに
気づいてあげられなかったことがいちばん悲しいよ
ごめんね。気づいてあげられなくて。
これからは、ママには何でも話してね。」と言って、
二人で抱き合って泣いた。二人とも号泣だった。
そして、気持ちが落ち着いてから、担任の先生に電話して、
その日のうちに学校に相談しに行った。
それから、学校側もいろいろ考えて対応してくれるようになった。
でも、それを期に聖ちゃんは、すっかり自信をなくしてしまい、
「僕は、ダメな子、できない子」と自尊心はズタズタ
すっかり、マイナス思考になってしまった。
これがいちばん後悔していること。
こうやって振り返っていても涙が出てくるほど、
あの時のことは、鮮明に覚えている。

まだ、小学4年生になっていないお子さんをお持ちの方、
難しい年頃です。自己肯定感がさがらないように、
気をつけてあげて下さい。

聖ちゃんのお陰で、たくさんの素敵な方との出逢いがあります。
今年に入ってから、2人、人のために素敵な活動をされている方に
出逢いました。Facebookを見ていると、
本当にアクティブに活動されていて、”すごいな!”って、
思うと同時に”私もがんばるぞ!”って思う。
アクティブなみなさん、そのパワーの源は、何ですか?
私の源は、やっぱり、”悩めるママさんを助けたい!”という思いかな。
先日の「陽だまりランチ会」で、お子さんが最近、荒れていて
聞いて、就学で環境が変わるから不安なのかもね。
「家が近くなるから、学校生活始まって、困ったことがあったら、
会って話せばいいね。やっぱり会って話すのがいちばんだもんね」と
何気なく言ったら、涙を浮かべてうなづいてくれました。
こんなふうに涙したり、不満をぶつけて怒ったり、
普段、心に押し込んでいる気持ちを吐き出すことが
できるのが「陽だまりカフェ」です。
泣いちゃうママは、本当に多いです。
でも、泣けるってことは、それだけ、心を許してるから
だから、その涙を見て、”今日、参加してくれてよかったな”って思います。
これからも、泣いたり怒ったり笑ったり
感情を思いっきり出せる場でありたいと思います。
そして、最後はみんな笑顔でバイバイできるようにしたいです。

3/19(火)、今日は、久しぶりの「陽だまりランチ会」でした。
お店は、天神の大名1丁目のビルの4階にある「コーデュロイカフェ」。
大きな窓で明るくおしゃれなカフェでした。
参加者は、私を含めて3人と少なめでしたが、
その分、濃ゆーいお話ができたかも。
「おめめどう」という発達障害の子向けのいろいろなグッズを
ネット販売しているところがあって、そこから出ている
巻紙カレンダーやメモがお薦めだということで、
実際に使って”よかったよ~”という声を聞きました。
実践されて、良さを実感している先輩ママさんのお話は
本当に参考になります。
大変な思いをたくさんしながらそれを乗り越えてきたママさんの
言うことには、説得力があり、”なるほど、そういうことか”と
納得できました。
おいしい食事と為になる話で、
とっても有意義な時間でした
参加して下さったママさん、ありがとうございました。

 プロフィール

聖ちゃんママ

Author:聖ちゃんママ
~心もほんわか「陽だまりカフェ」~へようこそ(^0^)/
遺伝子異常による胸郭低形成で呼吸機能障害、中程度の自閉症、ADHDの高2の息子、聖ちゃんのママです。2歳くらいまで、入退院を繰り返し、何度も生死を彷徨った聖ちゃん、「主治医の先生に3歳まで生きられるかどうか・・・。」と言われました。3才までは24時間酸素吸入が必要だった聖ちゃんでしたが、少しずつ元気になって、H30年夏、在宅酸素療法を完全に卒業することができました。聖ちゃんは、療育手帳B2だけど、H29年4月からは私立の普通高校に通い、友達と下校したり、遊びに行ったり、好きな子もできて片思いだけど恋もして青春を謳歌しています。障がい児のママとして、厳しい現実に何度もくじけながら、たくさんの人のお陰でがんばってここまできました。ストレスの多い子育て中のママ達の癒しの場になれたら幸せです。

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 QRコード
QR